HOME > 安心ポイント4 建物の耐震性

アイカワホームの6つの安心 安心ポイント4 建物の耐震性

地震に強い、アイカワホームのツーバイフォー
アイカワホームは強度の高いツーバイフォー工法を基本に地震や強風、豪雨に耐える安心の家づくりをしています。

消防署や警察署と同じ「耐震等級3」

消防署や警察署など防災の拠点となる建物は耐震等級3レベルに相当します。地震で倒れてはいけない建物は最高レベルの耐震性を確保するようにつくられています。アイカワホームの住宅はその消防署や警察署に相当する強い耐震性があります。

耐震等級1 建築基準どおりの強さ。極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震でも倒壊しない程度の耐震性。

耐震等級2 建築基準法の1.25倍の耐震性

耐震等級3 建築基準法の1.5倍の耐震性。消防署や警察署など防災の拠点となる建物がこの基準に相当します。アイカワホームの建物はここに相当します。

堅牢な「モノコック構造」

ツーバイフォー住宅はモノコック構造という床、壁、屋根面の六面体で構成された構造を基本としています。地震力をバランスよく分散し高い耐震性を実現します。モノコック構造はスペースシャトルや新幹線、ジャンボジェット機など非常に高い強度を必要とする乗り物にも採用されている堅牢な構造です。

強さの秘密は「高剛性ダイアフラム」
ツーバイフォー工法を構成する面材を「ダイアフラム」と呼びます。強い剛性を持つ体力面材と枠組材を一体化した、強固な立体盤面です。

ダイアフラムはあらゆる力を分散して外力に抵抗します。力の過大な集中をなくし、建物の変形や倒壊を防ぎます。

  1. ツーバイフォー工法(モノコック構造)
  2. 水平ダイアフラム
    面材と枠材が一体化しているため、
    高い剛性を発揮。
  3. 垂直ダイアフラム
    力を分散して伝達し、地震による力の過大な集中を防ぎます。

その他の安心について

お気軽にお問い合わせください

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

ページの上部へ戻る