HOME > 倉のある家の特長

倉のある家の特徴

屋根裏部分や床下のスペースを有効利用する賢い収納「倉」。ご家庭の収納の問題を低コストで一度に解決できます。
また、「倉」のメリットは、たっぷり収納力だけではありません。リビングに高い天井を設けることができ、清々しい開放感を生み出すこともできます。吹き抜けから暖かい光や爽やかな風をふんだんに取り込むことによって、健康的で豊かな暮らしを演出し、かつてない住空間を実現します。

倉のタイプ

  1. 小屋倉
    屋根裏の余剰空間をうまく利用した「小屋倉」タイプ。
    2階から固定階段で直接上がれるので、荷物の出し入れもラクラク。2階建てでもまるで3階建てのような使い心地です。
    アイカワホームの「倉」の中で最も人気があるのが「小屋倉」です。季節外れの衣類やアルバムなどの思い出の品、雛人形や五月人形、スーツケースなどの大物の収納にも最適です。

  2. 中倉
    1階と2階の間に「倉」を設けるタイプ。
    2階ホールから直接物を出し入れできるので、各部屋から近くて便利なことが特長。
    また、「中倉」の隣のリビングに高さ約4.1mの吹き抜けを設けることができます。吹き抜けからはぽかぽかと暖かい光や爽やかな風を取り込むことができ、大収納と開放感に溢れたリビングを同時に実現できます。

  3. 下屋倉
    1階の上の屋根(下屋部分)を利用した「下屋倉」タイプ。こちらも2階ホールから直接物を出し入れできます。
    また、寝室などの居室に入り口をつくって、部屋から出入りできる設計にすることもできます。
    ストーブや扇風機など季節の機器の収納にぴったりの「下屋倉」です。

  4. 床倉
    1階のリビングから利用できる「床倉」。
    リビングで使うお子さんのおもちゃや、趣味の道具を収納したり、食品庫(パントリー)としての用途で使えます。
    リビングがおもちゃでいっぱいになってしまう子育て世代の方にもおすすめの「床倉」です。

  5. 地下倉
    床下の部分を利用した「地下倉」。
    駐車場や外から直接出入りできる「倉」なので、アウトドア用品や自転車、小型バイクなどの収納にとても便利です。はしごを使って1階へ直接上がる設計もできます。
    置き場所に困るバーベキューセットや冬用タイヤなどもすっきりと収納でき、アウトドア派にはぴったりの「地下倉」です。

お気軽にお問い合わせください

インターネットからのお問い合わせ・資料請求はこちら

ページの上部へ戻る